マンションの管理組合って何?

ご自身で購入されるマンションの場合、各居住者の部屋以外の部分は、誰が管理しているのか知ってますか?マンションの管理人さんですか、それとも購入した時にあいさつした自分管理会社の方でしょうか。

実は、本当の管理者は、分譲マンションを購入し所有(賃借人は除きます。)している人全員なのです。でも、忙しいのにそんな約束した覚えがないと言う人もいるでしょう。

このことは、法律で決まっているのです。建物の区分所有に関する法律という法律になりますが、分譲マンションのような建物を「区分所有建物」と法律では呼んでいますが、この所有者は、自分の部屋(専有部分といいます。)以外の建物共用部分(廊下やホールなど)、敷地、附属施設(物置等)の管理を行うための団体を構成することが定められています。

この団体を「管理組合」といいますガ、分譲マンションを購入すると区分所有権が発生し、その時点で法律上当然に管理組合は成立し、所有者全員が管理組合の構成員になるのです。だから、加入した覚えがなくても構成員になり、脱退することもできません。

そして、この「管理組合」や組合員の役員で構成する「理事会」の詳細は、法律や、各マンションにある「管理規約」に定めがあり、これらに基づき、管理組合の運営がなされています。

だから、管理会社とか、管理人さんは、本来、管理組合ですべきマンションの維持管理業務の一部を委託され、実施しているにすぎず、すべての権限と責任は「管理組合」、マンション所有者全員にあるのです。

 

マンション管理に関するご相談は、マンション管理士のマエヒロ法務事務所にご相談ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です