今、話題の民泊について(簡単まとめ)2

旅館業法の旅館業を規制している。旅館業とは、「施設を設け、宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業」である。種別として、ホテル営業、旅館営業、簡易宿所営業の3つであり。これまで民泊は、簡易宿所営業に該当するとしていたが、今回の新法で、さらに緩和されたわけである。
旅館業法の改正法は、H30.6.15から施行されるが、大きな改正点は、①ホテル営業と旅館営業の種別がホテル・旅館営業へ統合された ②違法民泊への規制強化(都道府県の報告徴取・立入検査権の付与、罰金上限額を3万円から100万円に引き上げ)③旅館業の欠格要件に暴力団排除規定を追加である。暴力団の手に落ちたような旅館もあるようなので、目立たないが重要な改正点であろう。

項目 規制内容 対応
客室最低数 ホテル10室以上、旅館5室以上 撤廃 政令等改正済み
寝具の種類 洋室:様式の寝具 撤廃 政令等改正済み
寝台の広さ・高さ・置き方等 撤廃 通知撤廃済み
客室の境の種類 洋室 壁つくり 撤廃 政令等改正済み
和室 壁・板戸・襖等の区画 撤廃 通知撤廃済み
採光・照明設備 採光部分の面積が1/8以上 等 撤廃 通知撤廃済み
便所 ホテル:水洗式で座便式 撤廃 政令等改正済み
収容定員・便器種類毎数値規制 撤廃 通知撤廃済み
客室最低床面積 洋室:9㎡以上 和室:7㎡以上 撤廃 政令等改正済み
入浴設備 ホテル:洋式浴室・シャワー室 撤廃 政令等改正済み
浴槽・洗い場面積等の数値規制 撤廃 通知撤廃済み
玄関帳場の基準 受付台の長さ 1.8メートル以上 撤廃 通知撤廃済み
ICT活用による代替方策 撤廃 政令等改正済み

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です