今、話題の民泊について(簡単まとめ3)

住宅宿泊事業法では、民泊の提供者(オーナー)を「住宅宿泊事業者」と呼び、オーナーが宿泊施設に不在の場合、施設の管理を委託する「住宅宿泊管業者」、アプリ等で民泊施設の情報を提供しユーザーとの仲介を図る「在宅宿泊仲介業者」を定め、それぞれの役割・責任等を明確化しました。詳細は、以下の一覧表とおりです。

住宅宿泊事業者 ①都道府県知事への届け出が必要(監督実施)
②年間提供日数は、180日以内
③衛生確保措置、騒音防止措置、苦情対応、宿泊者名簿等義務付け
※保健所設置市、特別区が監督、条例制定可
住宅宿泊管理業者 ①国土交通大臣の登録が必要(監督実施)
②上記③の措置を代行義務付け
※家主不在型の場合、管理業者へ委託義務付け
住宅宿泊管理業者 ①観光庁長官の登録が必要(監督実施)
②内容説明義務等適正遂行のための措置を義務付け
公布 平成29年6月16日 施行期日 平成30年6月15日

民泊についてのご相談は、マエヒロ法務事務所にご連絡ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です